真紅のデイゴ

   

平成29年4月20日

天気:曇り時々雨 気温:27度

ウリズンの季節には大きな木に真っ赤な花びらが印象的な「デイゴ」を県内至るところで見かけます。マメ科の高木落葉樹で成長すると10m以上にもなり、高いところに咲くと花が見られずに見上げるだけとなります。

この花がたくさん咲くと台風が多くなると昔から言い伝えられていますが、根拠がないようでなので私は特に気にはしていません。

この木の生命力はすさまじく、根が伸びると家を傾かせたりするので「やしきこーさー」(屋敷壊し)とも呼ばれていますが、琉球漆器の材料になることから人気があり、県民投票で県花の称号を得ました。この花が咲き、梅雨を迎えると夏に向かってまっしぐらです。

 

撮影日:2017/4/15

撮影場所:沖縄県北部他

沖縄コールセンター 竹内 大輔

 

 

 - 絵日記