イジュ

   

2017年6月8日

天気:曇り時々雨 温度:29度

沖縄はすでに梅雨入り(5月13日)しましたが、梅雨入り直後は激しい雷雨に見舞われましたが、その後は梅雨の中休みで夏日を記録する暑さが訪れて来ました。

この季節には、ちょっと憂鬱にさせる梅雨のイメージを一掃させる可愛い花もたくさん咲きますよ。

主に沖縄本島の中北部で見られる「イジュ」は、山の至るところで見ることができます。遠くの山肌を見て白い花が咲いているなと思ったらそれが、「イジュ」の木ですよ。

ツバキ科ヒメツバキ族の常緑高木で椿の花に似ていますが、花の直径は5cmほどの大輪になりますので、同時にたくさんの花が何輪も咲くので、壮観な光景を目にすることができますよ。

雨が止んで青空が見えると沖縄っぽく見えますよね。

さわやかな香りが辺りに漂い、癒しの空間に包まれますよ。ただ、樹皮には毒があり、昔は漁を行う時に魚を採っていたと言われています。

「きれいな花には毒がある」ってこれから来たのかな?とにかく、梅雨のジメジメ感を一掃させてくれる可憐な花ですよ。

撮影日:2017/5/30

撮影場所:沖縄県北部

沖縄コールセンター 竹内 大輔

 - 絵日記